• LINEで送る
What is PARK?
地上波放送決定 第二夜 2017年6月29日(木)25:30~27:00 never young beach、yahyel、遠藤賢司、Yogee New Waves、スカート、The ピーズ、リーガルリリー、トリプルファイヤー、少年ナイフ
The ピーズ
1987年、大木温之(Vo, B)、安孫子義一(G)を中心に東京で結成。メンバー交代や活動中断もあったが、2002年以降は佐藤シンイチロウ(D)を正式メンバーに迎え、17年に活動30周年を迎える。独特のうねりとキャッチーさを持つメロディとグルーヴ、そしてハル(大木)から生み出される言葉と歌に宿るどうしようもなさと美しさを敬愛するバンドは今なお数多い。
Yogee New Waves
2013年6月、東京で結成。ボーカル&ギターの角舘健悟(Vo,G)が作り出す楽曲とメロウなサウンドで、新世代によるシティポップの牽引役としてもデビュー直後から注目を集めた。2017年より竹村郁哉(G)と上野恒星(B)として正式加入。新編成となったバンドは、角舘の持つ独自のロマンチシズムを軸にさらなる変化を続けている。
スカート
2006年、大学一年生だった澤部渡のソロ・プロジェクトとして東京で始動。2010年にファースト・アルバム『エス・オー・エス』をリリースし、バンド編成でのライヴ活動も本格化した。シンガー・ソングライターとしての高い技術と表現力は広い世代から一目を置かれており、サード・アルバム『CALL』(2016年)も各方面で絶賛された。
ラッキーオールドサン
2013年、東京で結成。それぞれ別のバンドで活動していた大学生、篠原良彰(Vo, Gt)とナナ(Vo)によるユニットで、共に曲を書く。60〜70年代の日本のフォークやシンガー・ソングライターからの影響も感じさせつつ、現代を生きる若者としての喜びや不安が楽曲にはみずみずしく写し込まれ、東京を中心に支持を広げている。
ナードマグネット
2006年春、大阪で結成。2012年11月に藤井亮輔(G)が加入し、現在の4人編成に。須田亮太(Vo, G)が手がけている日本語楽曲はエモーショナルな中にユーモアが宿り、USパワーポップや青春映画からの影響も織り込まれた高いクオリティを誇る。2016年5月、待望のファースト・フル・アルバム『CRAZY, STUPID, LOVE』を発表した。
moonriders/ムーンライダーズ
1976年、「鈴木慶一とムーンライダーズ」名義のアルバム『火の玉ボーイ』でデビュー。 メンバー全員がソングライターであり、プロデューサーである希有なバンド。であり、先鋭的な作品を発表し続けている。2011年に無期限活動休止を発表。デビュー40周年となる2016年7月、「活動休止の休止」を発表し、期間限定で活動を再開した。
トリプルファイヤー
“高田馬場のジョイ・ディヴィジョン”との異名もある4人組。2006年に早稲田大学の音楽サークルで知り合ったメンバーが結成。ギャグとも本気ともつかない独特な歌詞をラップともポエトリーリーディングとも言えないスタイルで歌う吉田靖直と、鳥居正道のするどいギターリフ、ソリッドなリズム隊を中心にしたサウンドはまさに唯一無二。
おいしくるメロンパン
東京を中心に活動するスリーピースロックバンド。2015年の結成からほどなくしてRO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVALで優勝アーティストに選出され、2016年のROCK IN JAPAN FESTIVALに出演を果たした。トリッキーでメロディアスなサウンドと、全作詞作曲を手がけるヴォーカル、ナカシマの文学的な歌詞作りと個性ある歌声も要注目。
遠藤賢司
1947年生まれ、69年にシングル「ほんとだよ」でデビュー。以降、「カレーライス」「不滅の男」など数々の名曲がある。はっぴいえんどからサニーデイ・サービスに至るまで時代を超えたリスペクトを受けている。“ギター一本で総ての音を表現する”を信条に、ロックもフォークも超越した作品を追求する“純音楽家”。愛称“エンケン”。
never young beach
2014年結成。平均年齢24歳の5人組で、通称“ネバヤン”。安部勇磨(ギター、ヴォーカル)と松島皓の宅録ユニットとしてスタートし、SNS上でのメンバー募集を経て現在の編成に。親しみやすいキャラクターと70年代の日本語ロックと21世紀の感性をつなぐフレイヴァー、うねりのあるおおらかなグルーヴで、新しいシーンを作りつつあるバンド。
Homecomings
京都在住、女の子3人+ 男の子1人の4ピース・バンド。2012年、全員が京都精華大学在学中に活動を開始。みずみずしいギター・ポップ・スタイルと、アメリカの現代文学や青春映画のテイストを同時代的なセンスで反映した英語詞が絶妙にマッチ。京都の音楽シーンを象徴するバンドのひとつとして精力的に活動中。

What is PARK?

GOOD MUSICIANS
&
GOOD MUSIC

「PARK」とは、いま聴かれるべき、新しい音楽を発信する場所。
音楽を愛する、すべての人々のための空間。
「PARK」とは、音楽家たちにとっての、出会いの場所。
メディアであり、ライブハウスであり、ミュージシャンたちのサロン。
「PARK」とは、既存の音楽番組とは一線を画す自由なフォームの「プログラム」。
ジャンルも、世代も、演奏形態にもルールはなし、アウトプットもさまざま。

今の東京に「あるとうれしいな」と思ってもらえる、音楽の場所。